みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

【保存版】スタディプラスってどうなの?現役使用者がメリット・デメリットを語る

今日は私が使用している勉強記録アプリ「スタディプラス」を紹介します!

以前の記事でも少し紹介しましたね!

 

minminstudyblog.hatenablog.com

 

f:id:minminstudyblog:20190104144412p:plain

そもそもスタディプラスとはどのようなアプリなのか

 Studyplus(スタディプラス)は学習する人が集まる総合プラットフォームです。あなたもStudyplusを使って学習内容を可視化しませんか?学習管理の他にも勉強に役立つ情報が満載です。(スタディプラスホームページより)
  自分で教材を登録して、勉強時間を記録することで、一日・一週間・一か月・一年間の勉強の記録をグラフで見ることができます。これにより、自分の勉強を管理することができます。例えば、先月は数学の時間が少なかったから、今月は数学に重点をおいた勉強をしよう!なんていう風に自分の勉強記録を可視化することで、勉強方針を客観的な視点から考えることができます。

 

スタディプラスのメリット

では、スタディプラスのメリットを紹介します。

自分の勉強時間・推移を分かりやすく見ることができる

先ほども書いた通り、自分で勉強時間を記録すると、推移をまとめてくれます

ほかの人の勉強時間を見ることでモチベーションが上がる

同じ志望校や同じ学年の人の勉強時間を見ることができるので刺激になります

参考書レビューを見ることができる

実際に使った方が参考書のレビューを書かれているので、選ぶ時の参考になります。

ともだち機能やコミュニティ(グループ)で勉強法や進捗状況を聞くことができる

ともだちを作ったり、コミュニティのを創ったりすることで、勉強法や勉強の進捗状況を聞くことができます。

スタディプラスのデメリット

デメリットも見ていきましょう。

勉強の目的が記録・時間になる

記録することが勉強の目的になってしまい、だらだら長くやってしまうかもしれません。

携帯を使う時間が長くなる

記録するついでにグループをのぞくなど携帯を使う時間が長くなってしまう場合があります。

 宣伝アカウントが面倒

たまにあるのが、ラインのアカウントなどと連携した宣伝アカウント。少しずつ問題になり、減少していますが、スタディプラス内で連絡が来る場合があります。

 

 

メリット・デメリットを挙げていきましたが、スタディプラスは中高生には必須だと思います。デメリットも理解したうえで自分でその対策をしながら使っていくといいと思います。