みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書で世界史を学ぼう!

アクセスありがとうございます。

今日は書評をしていきたいと思います!

f:id:minminstudyblog:20181231081348j:plain

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書

 について書いていきます!

 

書名:一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書

著者:山崎 圭一

価格:1500円(税抜)

 

 まず著者について紹介します!

山崎圭一さんは公立高校の社会の先生のほかに、youtubeで世界史・日本史・地理の解説動画を出されています。そんな方が書かれたのがこの本です。いくつか特徴があるので一つ一つ解説していきたいと思います。

 

① 年号を使っていない

 表紙にも書かれていますが、この本編には年号が一切登場しません。年号を使わずに流れを紹介しているんです。これによりシンプルかつ単純に世界史を学ぶことができるようになっています。年号を使わない歴史の本なんて見たことありますか!?

 しかも、本格的に学びたい人のために年号を集めた付録が巻末についているため、テストや受験にも使えると思いますよ!余力があれば読んでみてください。

 

② 一つの流れで学べる

 

 世界史の教科書あるあるが場面転換と年代転換が多すぎること。だから、分かりにくくなってしまうと考えた山崎先生は、数珠つなぎにした方法で紹介してくれています。どういうこと?と思われた方は下の図を見てください。

f:id:minminstudyblog:20181231083205j:plain

f:id:minminstudyblog:20181231083235j:plain

f:id:minminstudyblog:20181231083257j:plain



上の図が一般的な世界史の教科書の紹介の流れです。対して、下がこの本の紹介の仕方です。どちらが分かりやすいのかは一目瞭然ですよね?一般的なものであれば、ヨーロッパを学んでいると思ったら、いつの間にか舞台がインドになっていたなんてことが起きてしまうんです。しかし、この本であれば、ヨーロッパを一通り学んだら、次は中東、中東を学んだらインド…というようにごちゃごちゃせずに一つの流れで学ぶことができます。教科書を読んで理解できなかった高校生・予習をしておきたい中学生・教養のために学びなおしたい社会人誰にでもおすすめできる本だと思います。

 現在私は、半分くらいまで読み終えましたが、頭に入ってきやすいです!

これだけで、大学受験まではいかないかもしれませんが、導入としてはとてもいいと思います。

 

以上、一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書のレビューでした! 気になった方は書店で実際に見てみてください!