みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

英語を学ぶから英語で学ぶへ

  アクセスありがとうございます。

現在、日本では2020年の東京オリンピックなどに向けて、英語教育に力を入れられているような気がします。少し前は、ALTなどの英語教育の制度も整っていなかったようなのでそれに比べると最近は英語教育に対する考え方が変わってきたように思います。先日、韓国に行ったということをお話ししましたが、韓国では大部分でハングルが使われています。帰国して改めて日本を見てみると、ひらがなや漢字と同じくらい英語が使われていることに気が付きました。グローバルな社会になっていく中、英語は全人類必須のスキルと言えるでしょう。しかし、現在の英語の勉強で重要視されているのは単語を覚えたり、文法を学んだりするだけです。本当に必要なのは、英語を使って物事を考えていくことなのではないでしょうか。ただやみくもに単語を覚えるだけでは何の役にも立ちません。文法を学んで決められた文章を訳したり並べ替えたりするという機械的なことをするのは意味がないと思います。大切なのは、普段から英語を使って考えていくことです。英語を学習としてではなく言語として捉えながら勉強していくことが重要なのではないでしょうか。つまり、お風呂入ってくるね!と言いながら心の中では(I am going to take a bath)と思ってみたり、普段の生活の中で英語で言えるものはないかと考え続けることが重要ということです。別にここでは難しい単語を使ったり複雑な構文にする必要はなく、自分がわかる範囲でできる文章を頭の中に作り、それを声に出してみるということが大切です。このようなことを瞬間英作文と言います。インターネットでも瞬間英作文ができるサイトがあるので試してみるのもいいかもしれません。大切なのは常に英語に触れること。簡単でもいいからまずは少しずつ英語に触れる時間を増やしてみませんか?この文章が英語学習について考える機会になったら嬉しいです。

ここまで読んで下さりありがとうございました。