みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

【中高生向け】辞書利用のすすめ

みなさんこんにちは。今日は「辞書」について書いていきたいと思います。皆さんは勉強をするときに辞書を使っていますか?ネットが発達した現代では少し意味を調べるのならわざわざ辞書を引くよりもネットで調べてしまう方が楽かもしれません。しかし、辞書を使うことは様々なメリットがあると思います。今日は紙の辞書と電子辞書のメリットをまとめていこうと思います。

1 紙の辞書

辞書の王道はやはり紙の辞書だと思います。私の場合高1までは紙の辞書しか使っていませんでした。紙の辞書の利点はこのようなものがあげられると思います。

線を引いたり付箋などで強調できる

例えば英語長文を読んでいて分からなかった単語を英和辞書で調べたとしましょう。その時に、ただ調べて終わりにするのではなく調べたところにアンダーラインを引いたり付箋を貼ったりすることでもう一度その単語を辞書で引いた時に「前も調べたのに!」とその単語を印象付けることができます。これは私がビリギャルから学んだ方法です。

ボロボロにすることで愛着がわく

紙の辞書を使うメリットとして一番大きいものはこれだと思います。ずっと使い続ければ辞書も物ですからだんだんぼろくなっていきます。本のカバー(プラスチックのもの)が切れてしまうなどはあるあるなのではないでしょうか。また、何かのはずみでページが曲がってしまかもしれません。しかし、それも今までの努力の証と言えると思いまうす。逆にどうしても参考書類をボロボロにしたくない!という人は紙の辞書より電子辞書などを使うといいと思います。(どんな参考書・問題集においてもボロボロにするくらいまで勉強すると力がつくので気にしないタイプになれる方がいいとは思います笑)

試験などに持っていくことが可能

入試会場や資格試験会場などに電子辞書は持っていけない場合もあります。(辞書以外の機能がついているものがほとんどのため)紙の辞書ならその点安心して試験会場に持っていくことができます。その時に普段は電子辞書だけど試験日だけど紙というと慣れないものを使うことになるのでなにか不具合が起きる場合もあります。そのような点を考えると紙の辞書を使っておくといいでしょう。

2 電子辞書

軽くて持ち運びが便利

毎日学校と家の両方で使いたいという場合には電子辞書の方がやはり便利です。紙の辞書を毎日持ち運ぶのは不可能と言っていいでしょう。(最低国語・古語・英和・和英は頻繁に使う可能性が高いため)私は先日まで電子辞書を持っていなかったのですが、学校に辞書がないという場面も多々起きてしまいました。学校の授業ではいつ使うか使いたくなるか分からないという方にも安心だと思います。

音声を聞くことができる

英語などでは音を聞くことが必須です。リスニングの対策になるほか発音やアクセント対策にもなるのでリスニングが苦手…・単語を音で覚えたいという方は電子辞書がおすすめです。

 

今日は紙の辞書と電子辞書のメリットをまとめてみました。これらを踏まえて私がおすすめするのは家に紙の辞書+持ち運び用の電子辞書です。紙の辞書は先に述べたようなことを踏まえるとあった方がいいです。しかし、学校や図書館・カフェなどで勉強する際には不向きです。ですので電子辞書も予算があるのであれば持っているとベストなのかなと思います。長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。