みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

休校期間の間私たちは何をしているのか何をすべきなのか

 緊急事態宣言が全国まで対象が拡大され5月6日まで休校が延長されました。私の通う学校では明後日30分だけの登校日があるだけです。それも一クラス5人ずつをばらばらに来させるという徹底した感染対策の下で。なお、現段階で感染の勢いはとどまる勢いを知らず今も増え続けています。PCR検査もできていないだけで数に見えない感染者(隠れコロナ)が世の中にたくさんいるのはもはや周知の事実。このような現実の中で果たして5月から学校が再開するなどということがありでしょうか。自民党党内から緊急事態宣言を延長しない理由はないという声も多いとニュースでやっています。もちろん、感染が完全収束するまでにはあと2年・3年かかるとのこと。完全な収束まで学校が再開されないということは考えにくいですが、今の時点では夏から再開、秋から再開と決められないような状態です。 

 いつまで続くのかわからないような状況の中で学生たちのモチベーションは上がるわけがありません。課題の提出もありますが、休校期間が延長されるのだからあとでいいやとなってしまうのは仕方のないことだと思います。私は早めに課題を終わらせていたので登校日に課題が追加されない限り、しばらく課題はないことになりますが今度はじゃあ自分の勉強をどんどん進めようという気持ちにも正直なり切れない自分がいます。今やっとかないと今後再開されたときに大変になる。現実は重くのしかかってきますが、まだ私たちはその重さを感じていないのです。感じられていないという言い方の方が正確かもしれません。今私たちは何をしたらいいのか。またしばらく休校は続きます。自分も含めて今どう過ごしていくべきなのか考えてみてはいかがでしょうか。勢いで書いてしまったため、まとまりのない文章になってしまい申し訳ありません。ここまで読んでいただきありがとうございました。