みんみんの気ままな勉強日記

高1です。勉強ブログをやっています!読者登録・ブログランキングのボタンお願いします!

【第二回】現役高校生が伝える歴史の魅力(昔の事なんて知ったって意味なくない?問題)

シリーズ連載第二回です。今のところネタはあるのでこのシリーズはしばらく続けられそうです(書くこと自体に飽きない限り)。今日お話ししたいのは学生にありがちな

 「昔の事なんて知ったって意味なくない?」問題

について私なりの見解を書いていこうと思います。そもそも歴史に興味ない人はこんなブログ見ないよという意見はあるかもしれませんが、このシリーズは半分私の自己満記事(むしろこのブログ自体が自己満の可能性もありますが笑)なのでご了承ください!

 ではまず結論から話したいと思います。昔の事(歴史)を知ることは私たちにとってとても重要なことだと思います!(さすがにこの流れで意味ないですと言うとは思っていないでしょうが笑)ではなぜ歴史を学ぶことが今の私たちにとってメリットとなるのでしょうか。私はこのような理由があると思います。

  • 過去から現代に生かせることを学ぶ
  • 教養として知識人になれる
  • 私たちが生きる意味を学ぶ

大きく分けてこの3つだと私は考えています。1つ1つ詳しく説明していこうと思います。まずは1つ目の「過去から現代に生かせることを学ぶ」から。

過去から現代に生かせることを学ぶ

基本的に世界は「繰り返し」でできています。二週間前に投稿した感染症の歴史もそうですが、同じようなことが長い年月をかけて再び起こっているのです。

 分かりやすい例は中国史です。中国ではこれまでさまざまな国が興亡してきました。世界史ではその国一つ一つの政治や外交などのほかに必ずと言っていいほど、どうして滅亡したかにも触れるのです。そして、その理由として多くあげられるのは「遊牧民の侵入」や「反乱」「首長が女におぼれた」など笑。秦という国は周国の後にできた国です。そして、周は遊牧民の侵入によって分裂・滅亡していきます。それを見てきた秦の始皇帝は元々あった万里の長城を修築します。(元々万里の長城は馬の侵入を防ぐ目的だったので現在私たちが見ているほどの高さはありませんでした)

 というように、昔の事を学ぶことで現代の私たちに生かす力がつくのだと思います。勉強などでも一度間違えた問題を復習することで次につなげていくのです。

教養として知識人になれる

まず日本人として自分の生まれた国の歴史を知っていることは当然のことだと思います。例えばアメリカ人が「原爆って何…?」ドイツ人が「ヒトラー?」という状態だったら少しがっかりすると思いませんか?日本人である以上日本の歴史は知っておくべきものだと思います。また、世界史に関しても知らないと生きていけないわけではないが知っていると得をすることがあるものだと思います。私の学校では高1で世界史Aが必修となっており文理どちらにしても最低限の歴史を学べるようなシステムになっています。

私たちが生きる意味を学ぶ

歴史というのは先人たちの生き方のつながりです。それらを知ることで現在私たちはどう生きていくべきかという道しるべにすることができるのだと思います。私は戦国武将の上杉謙信がとても好きなのですが、彼は「義」を重んじて自分から攻めかけたことは一度もありません。どれも誰かから助けを求められて戦っているのです。初めて上杉謙信を知った時私は彼の生きざまにとても惹かれました。今の私の目標像でもあります。

 

今日は「昔の事なんて知ったって意味なくない?問題」について私なりの見解をまとめてみました。少しでもこのように考えていた人の歴史への捉え方が変わるきっかけになればと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。