みんみんの気ままな勉強日記

高2です。勉強ブログをやっています!読者登録お願いします!

将来へのぼんやりとした不安

注: 

最近思ったことを吐き出したいために書きました。自分の思ったことだけをただ書いただけなので読みづらかったり、意味が分からないところがあるかもしれませんが、ご了承ください。そもそも人に読んでもらうために書いてません。

 

 かの有名な芥川龍之介はこの言葉を残し、睡眠薬を服用して亡くなったと言われています。(別に、死のうとか思ってません!!!笑)

 ただ最近思うのです。高校卒業までおよそあと一年。そこからどこかの大学なりに進学して4年間。院まで行けばさらに2年。そこから社会人生活が約40年。(ここまで考えているわけではないですが…)とにかく齢17にして自分がどのように生きていくかを考えるようになりました。最近では今更ながら自分のやりたいこととは違う気がするという直感から中三から目指していた志望大学を変更。台湾留学が流行っているといううわさを聞き、「アリか…?」とこれまた直感で候補に入れてみたり。昔から欧米への憧れがあり短期でもいいので留学したいと思ったり。いろいろな可能性があるからこそ、どの選択をするか迷ってしまいます。

 そもそも私が最初に大学に行こうと思った理由は「みんなが行く雰囲気があるから」「それが当たり前っぽいから」です。中学受験をして入りそのままの高校であるがゆえに、その地域ではみんなそこそこ頭がよく何となく初期から大学を目指しています。就職する人は数年に一人二人…くらいのレベルでまず大学に行かないという選択肢はないと言っていいでしょう。(さらに言うならば異様なほど浪人率が低く「行けるところに行く」という公立自称進学校の鑑のような校風です)そんな「なんとなく」から始まった私ですが、そろそろ「なんとなく」から脱却しなければならないと思いました。からの最初にループ。いずれ一つに道を決め、そこに向けて進んでいくわけですが、今の私には決められなそうです。

 

 来年の自分へ。あなたは今どんな選択をしていますか?どんな道でも自分で決めた道で後悔なく生きていることを願います。